顔相占い(人相占い)

顔の相を見る占いを「人相(にんそう)・顔相(がんそう)」と言います。人相鑑定では、性格や気質、積極性、そして金運や財運、恋愛傾向まであらゆるものを表しています。また黒子(ホクロ)は先天的な宿命や、人生全体の運勢、本来の性格を表しますが、成長過程で新しく出来たものかどうかでも見方が変わってきます。

顔は大きく三つに分け、それぞれの部分で人生を見るとされる。額から上を上停と言い、年齢的には25歳ごろまでを表す。心性質がよく出、先祖のこと、育ち、信仰心などが分かるとされる。中停は25歳から45歳ごろまでを指し、その人の意思の強弱、決断、実行力などを表す。筋肉質が主となるところ。下停は老年時代で、家庭のこと、三停五管をいうものがある。

 

また各部位の中でも特に額、目、鼻、耳はその特徴が顕著に表れる。

額の形は一歳までのものがその人本来のもので、幼児期に多少変わっても大人になると元に戻る。左右に広がる形のものは長男長女の相、丸っこいものは三男四男の相とされる。長男でも丸っこいものは長男向きでなく、最上部の天中といわれる部分に大きな穴がある人は先祖の悪い因縁を受け継いだ人という。

顔相において目は非常に重要視される。眉や鼻や額の形がどうであれそれらを合わせても判断は4割程だが、目のみでもおよそ7割の判断が出来るといわれている。顔相では眼尾のことを魚尾、黒目のことを晴、白目のことをハク、瞳孔のことを瞳という。目頭にある肉球を怒肉と言うがこれ自体は判断で特に用いない。白目の色、目の上がり方下がり方、眼光等を見るわけだが、このうちで最も判断が難しいのが眼光である。ガラス球のような光だと性欲が強いなどというが、これは相者によって判断が異なる場合が多い。白目は厳密に言うと純白ではなくやや黄色がかった色が健康とされる。

 

鼻は顔相だけでなく人類学などでもよく取り上げられるが、鼻は気候風土と密接に関係しているといわれる。長い鼻は寿命が長いが、高い鼻は高慢で攻撃的になりやすいなどと言われる。鼻の長さは顔の長さの三分の一が標準であるが、日本人は鼻が短い傾向にあるので三分の一より少し短い位が標準とされる。鼻と性生活の関係は一般に言われる通りあるとされ、鼻にホクロや傷があると性機能が不十分であると言われる。特に鼻が長ければ性欲旺盛とされるわけではない。

 

福耳と呼ばれる、耳たぶが大きくて分厚い形をしている、金運・幸運に恵まれる人相がある。

柴田阿弥の金曜The NIGHT(AbemaTV)

オトナの夜のワイドショー!バラいろダンディ(TOKYO MX) 

​人相鑑定士:溢風花(いつふうか)

営業時間

年中無休:12:00-21:00

(月・水・金 22:00まで)

※特別休業日除く

鑑定の予約・お問合わせ

03-6278-9333

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Google+

つながらない場合は 03-5452-0455

​※営業等のお問合わせは運営会社にお願いします

(店舗及び運営会社概要)