西洋占星術

アラブ世界や西洋諸国で発達してきた占星術の体系である占星術はヘレニズム時代に成立した体系が基盤となっており、一般的にはホロスコープを用いて鑑定します。占う対象に影響を及ぼすとされる諸天体が、出生時などの年月日と時刻にどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈する形で導き出します。

 

ホロスコープをいかに精度高くよ読み解くことができるどうかが鑑定士の重要なスキルです。

 

近代になって一般に広まったサン・サイン占星術では、太陽のあるサインを基にして占う。日本の雑誌などでよく見かける十二星座を基にした星座占いは、これを簡略化したものです。

ホロスコープ

​占星術における各個人を占うための天体の配置図。惑星、黄道十二宮、十二室、角度の4つの要素で構成されます。

生年月日と出生時間の太陽,月,惑星,黄道十二宮および地表の位置関係を表わす天体配置図で占星術に用いられます。個人のホロスコープ (ギリシア語に由来し「時の見張人」の意味) は、鑑定士により個人の性格や未来の予言に使われます。

営業時間

年中無休:12:00-21:00

(月・水・金 22:00まで)

※特別休業日除く

鑑定の予約・お問合わせ

03-6278-9333

つながらない場合は 03-5452-0455

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Google+

​※営業等のお問合わせは運営会社にお願いします

(店舗及び運営会社概要)